着実にリタイアママに向かっていますε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

前に朝日新聞の投稿欄を取り上げたら、なんとアーリーリタイア本の作者の内山さんがブログで取り上げてくださった
こんなブログを見てくださりありがとうございます
(ご自身の本の影響でアーリーリタイアを実践しようとする者を見届けるという責任も先生にはあると思いますが…ニヤリ)
私はコメント欄を開いていないので、私のブログを読んで思うところがあった方がいるのが分かると嬉しくなり、反応欲しさにちょっとコメント欄を開いてみたくなる・・・けど、やっぱり怖いので開かない
ところで、現時点で家族以外には、会社の同僚1名、半年前に転任してきた直属の上司、3月に定年退職した元直属の上司、後任に推したい産休代替で来てくれた方、人事の女の子・・・の5名に退職を告げたのだけど、反応はほぼ揃って「ほんとに辞めるの?フルタイムで安定しているのに辞めるなんてもったいないよ」だ
直属の上司だけは「しょうがないよね、でも、短時間でも働いていたほうが気晴らしになるから、他のところで短時間だけでも働いたがいいよ」と、今の職場に対してもったいないとは言わなかったけど、完全なリタイアには否定的意見
元の上司なんて、「お前は会社で息抜きしてたのに、息抜きできなくなっていいのか」ですって
…うん、一理ある
昨日の記事では、給料の低さのモヤモヤを訴えたけど、やっぱり私には自他ともに認める私にとっての最高の職場なんだろうな・・・
ちなみに新卒で働いたところを辞める時は、同僚たちに「いいなぁ~、私も転職したい」って言われることが多かったので、職場によって反応違うよね
後任に推してる方は、今は旦那さんが自営の事務所で働いている
先週は「悩んでいるので少し待ってほしい」という回答だったけど、今週になって「すごくいい話だから、もしほんとに○○ちゃん(私)が辞めるのであれば、自分のところの後任を探して引継いだら辞めれるから急いで探す」との前向きな回答をもらった
元々人を増やす予定だったみたいなので、増やして、教育して・・・ってなると、やっぱり来年になっちゃうだろうから、タイミング的には早く上司に相談してほんとによかった
上司も、「その方は1年間の会社での実績もあるからOK」と言ってくれているので、その方に決まれば、引継ぎも楽ちんだし、求人出す手間や選ぶ業務も省けるし、何より仕事を任せられる安心感もあるのでみんながハッピー
アーリーリタイアに向けて、また1歩前進です