親をアテにしちゃダメだという身近な事例…気をつけろ、私

先日、会社を50歳手前で辞めた人がいる。
正社員は、50歳ぴったりで辞めれば早期退職制度の特典とかで、上乗せで退職金をもらえるらしいので(って、今は逆に人手が足りないんだから、その制度辞めればいいのに・・・と思うんだが)、ぴったりで辞める人も時々いるんだけど、その人はその1年前に急に辞めちゃった。
あとで聞いたら、家を建てたもののローンが組めず、退職金一括で払う羽目になったらしい。
次の仕事も決まってなくて、子ども3人・・・
もう30年近く(以上かな?)勤めてるし、一応、ちゃんとした一部上場企業だし、ローン組めないとかあるの?と思ったら、携帯の引き落としが何回か滞ったり、別でもちょっとカードか何かの軽めの借金があって、そのせいでブラックリストに載ってたんじゃないかという噂。
でも、家を建てる前に、ローン組めるかの審査するんじゃ?
と思ったら、どうも、親がお金を出してくれて家を建ててくれる話になっていたのが、途中でぽしゃったとかなんとか・・・辛すぎる。
でも、ある意味、家のローンはないから、給料安くてもまじめにコツコツ働けば、あとは教育費のみ・・・って、教育費でっかいし!!!
家を買うなら、よくよく考えないとだな。
いつまでもあると思うな親の金・・・違った、親と金。
アテにしまくってる私もしっかり心しておこう。