『お金は「歴史」で儲けなさい』

加谷珪一さんのお金持ちの教科書シリーズを読みたくて、県内の図書館の蔵書を調べていたらこの本があったので、取り寄せしてもらいました
読んで、なるほど・・・と思いつつ、長期投資は安全で確実に儲かるんだ!と思い込んでた自分には、はっとさせられるところが多々・・・
やっぱり売買にはタイミングもあるよねと思いつつ、そのタイミングがわからないなら、やっぱり長期で国際分散してドルコスト法で積立てていくのが、機会損失にもならないし、私にはあってるんじゃないかな・・・と
(タイミングでの売買については、幸せの確率というアーリーリタイア本にも書いてありました)
ただ、なんだかんだ言いつつも、株価が暴落した時には仕込みたい
でも、インフレリスクを考えると日本円の現金比率は下げたいし、かと言って、暴落時に仕込むお金がないと突っ込めないし・・・
現物資産(金)も気になるし、不動産は要らないと思いつつ最近はリートも気になるし・・・
とかいろいろ考えてると、やっぱり情報を整理する頭がないなら、あんまり情報を知らないほうが幸せなのかも・・・なんて思い出したりして
バランスファンドで何も考えずに淡々と積立するのが、ストレスもなくリターンは大きくなくてもリスクも低く、私には合ってるのかも・・・
でも、投資こじらせ主婦の名の通り、わざわざ情報を仕入れてこじらせる日々は続きそうであります
image