『もうレシピ本はいらない』

稲垣えみ子さんの本を読んだのは、『寂しい生活』『魂の退社』に続いて3冊目です。
過去に、『一汁一菜でよいという提案』を読みましたが、まさにそれを実践されています。

時短・栄養たっぷり・旬を味わえる・お金かからない・健康になれる・・・も~、すべてを兼ね備えた食事!あこがれる!!素敵すぎる!!

自立って、自分で食べていけること!
(みたいなこと書いてた・・・図書館返しちゃって確認できず・・・汗)

私も、まずはぬか漬け&天日干しから!と思って、旦那に宣言したら、

旦那
旦那

これ以上、食事を質素にしてどうすんの!?

あ~、殴りたい!!!

日々の食事でストレスを抱えている人に、もっと楽していいんだよ・・・っていうか、楽したほうが幸せじゃない?っていう内容で、私の中での革命的な本でした。
ほんと、家族に読んでほしい。