教育費について考える

ちょこちょこ考えている子どもの教育のこと
今日、会社の今年60歳になる人と再雇用の話になりました
末っ子の大学卒業と同じ年に定年になるからと油断していたら、留年してしまい、定年後も少なくともあと1年は大学に通うことが決まってるんですって
仕事辞めたいのに辞めれない・・・それ、辛いなぁ
聞けば、男・男・女の3人兄弟
長男・・・私大の理系学部を8年かかって卒業
次男・・・私大の理系学部を4年で卒業
長女・・・国立大の3年生(実際は在学4年目)
少なくとも、単純に4人分以上の学費払ってる計算
それプラス、みんな家を出てるから、生活費も更にかかってる・・・
「やる気ないなら退学させるっていう選択肢はなかったんですか?」って聞いたら、
「『母親が辞めるなっていうから続ける』って言うんだよ。大学に行けって言ったのも母親で『自分はそんなに行きたくなかった・・・』って、結局人のせいばっかりでほとほと呆れるよ」だって
その状態になるまでに、家族会議とかもあったんだとは思うし、詳しくは知らないけど、
「子育てに関して奥さん任せにしてきたから、大学進学を考える前にしっかり本人の気持ちを確認しておくべきだった。とりあえずこうなったらあと数年がんばるしかないよ。
○○さん(私のこと)のところは、今のうちにしっかり二人で働いて貯金して、子どもにもしっかり自覚してもらって進学決めたほうがいいよ」だって
来年辞めますとは言えないな
人生3大出費の1つと言われる教育費
母との会話で、
私「意味もなく大学に行って、就活に時間を取られて、お金払って何してるんだろ?ってなるぐらいなら、よっぽど高卒で働いてくれた方がコスパいいよね~」
母「あなたも東京の私大出てるのに低所得&早期退職なんて、兄弟で1番コスパ悪いよね~(他の兄弟2人は地方の国立大学)。でも、地方でも済むのに東京の大学に行ったのは無駄だったとは思ってないでしょ?」
私「・・・たしかに」
母「というわけで、それを思い返して、日々感謝して介護をするように」
私「・・・ですね」
そう考えると、黙って教育費&生活費を出してくれた親には感謝しかないです(しかも、今も住居費や孫の教育費など援助してもらってたり・・・)
周りも進学するし、自分もどこでもいいから入れる大学に行こうかな、っていう考えなら子どもに進学させたくないけど、しっかり目標を持っているなら、もしくは目標がないけどどうしても大学に行きたいって言うなら、せめて資格が取れる学部を選ぶように教育していきたいと思います