購入資金と積立設定

※アイキャッチのみ2021年11月に更新。記事は変化の記録(戒め)のため当時のまま

目標アセットアロケーションとポートフォリオは前と前の前の記事に書いた通りですが(この記事の下の方にも貼りました)、ファンドの購入設定は以下の通りで落ち着きました
【資金】
《毎月の給料から》
積立投信・・・30,000円
楽天証券5,000円
松井証券25,000円(1,000円/日分)
iDeCo・・・23,000円
《株やFXからの引越分1500万円から》
積立投信・・・50万円(松井証券20,000円/日)
NISA・・・120万(年間分)
【購入ファンド】
※☆は積立設定、★は過去の購入分やスポット購入
松井証券投信工房《21,000円/日》
☆<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド・・・5%
☆たわらノーロード先進国株式・・・15%
☆三井住友・DC全海外株式インデックスファンド・・・30%
☆三井住友・DC新興国株式インデックスファンド・・・30%
☆<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンド・・・20%
★三井住友・DC外国債券インデックス
★三井住友・日本債券インデックスファンド
楽天証券
《積立5,000円/月》
☆世界経済インデックスファンド
《iDeCo 23,000/月》
☆たわらノーロード先進国株式・・・90%
☆三井住友・DC日本株式インデックスファンドS・・・10%
《NISA 10,000円~/回スポット購入》
★<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
★<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド
カンさんには、特定口座は世界経済インデックスファンドの積立、iDeCoではセゾンバンガード・グローバルバランスファンドを勧められました…が、ちょうど松井証券の『投信工房』がリリースされたのと、iDeCoならリバランスの
際の利益は非課税だし・・・と、自作で組み合わせてみました
やってみたかったのよ、リバランス作業
現行NISAも使うつもりなかったのに、ちょいと遊び心?を入れてみました
だめですね、投資と距離を置きたいのに離れられません・・・
でも、とりあえず、自動引落し(松井証券は自動振込みを利用)で設定したので、今後何もしなくても、NISA以外は勝手に買付を行ってくれる予定です
iDeCoのみリバランスを6、12月に行う予定
ここに落ち着くまで、いろいろやってみたけど(例えば、1日1万円、手動で世界経済インデックスファンドを購入とか…)、やっぱり手動は面倒だわ
引越しは2019年3月に終わる予定ですが、松井証券の毎営業日積立が毎月25日分もないので、残った分は少し延長して積立てる予定です
とりあえず、初心を忘れないためにも(すでにカンさんのアドバイスと違うことしてるけど)日記感覚でブログを付けるのはいいことだと、カンさんもブログに書いていたので、のんびりですが書いていこうと思います
65歳で1億円貯めるのが目標だけど、使い道もしっかり考えて、楽しく使って楽しく生きていきたいなぁ~