運用先の引っ越し作業、スピードアップしなきゃ!?

手数料が格安で話題のiFreeのサイトでシュミレーションができたので、またまた遊んでみました

ドルコスト平均法はすごい、と経験からも思い込んでいたので、コンサルティングで『資産のお引っ越しを短期間(2年)ですませられるように、その2年間は月々約60万円を積立ててみては?』と勧められた時は、一気に毎月60万円はリスク高くないと思って、『まずは4年かけてお引っ越し頑張ってみます…』と月々32.5万円設定にしました。

が、シミュレーションしてみると、ドルコスト平均法と一括購入で、必ずしもドルコスト平均法が優れている訳ではないことに気づきました

(遅い)

考えたら、ちょうど安い時に一括購入出来れば、そっちがお得に決まってますよね

もちろん、その時期に上手く買えるかわからないから、ドルコスト平均法を使ってリスクを下げようとしているわけですが、普通に現金のままにしておくより、ファンドを購入しておいたほうが、複利も期待できたんですね…

で、資産別の運用をシミュレーションすると、仮にリーマンショックを挟んでいても、国際分散投資していれば、今はプラスのパフォーマンス

もちろん、途中、数年間マイナスの時期もありますが

資産をグローバルに分散するって、ほんと大事なのね

で、時間の分散も大事かもだけど、機会損失もあることに改めて気づかされたので、現在、少しお引っ越しを早めることを検討中でーす