旦那に感謝

昨日、会社の同僚とランチしながらおしゃべり。
その子の旦那さんの家事・子育て協力の話聞いたら、もー、旦那さんの協力がすごすぎて、頭に浮かぶその旦那さんの顔が光り輝いていました。
それに比べ、我が家の旦那ときたら・・・はぁぁぁぁ~(深いため息)
『そんなに手伝ってくれないんなら、専業主婦になるよ、いくらもらえる?って聞いてみたら?そしたら、手伝ってくれるようになるんじゃない?』だって。
はい、似たようなことを言う予定です。
でも、専業主婦⇒旦那に養われる・・・ってなるのは嫌。
ほんとは家事ってすごい仕事だと思うのに、専業主婦って正当に評価されてないよね(怒)
その上、専業なんだからしっかり家事しなきゃ!ってプレッシャーがある気がして、私には無理。
なので、旦那にお金もらわなくてもやっていける程度の経済的基盤(逃げ道)を作っておきたいのよね~。
だから、専業主婦になる!っていうよりは、リタイアする!っていう、なんだろう、このニュアンスの違い・・・わかってもらえるかしら?
ただ、扶養に入ってた方がいろいろお得だろうから、その辺は1年かけてじっくり下調べしたいと思います。
正直、今の職場はほんとに恵まれているので、フルタイムで働くにはこれ以上私の条件に合ってる職場はそうそうない、と思ってました(だからこそ、今まで職場が嫌で辞めようなんて思ったことはない)
ただ、仕事内容的には、若干、悩んでたところがあるんだよね~。
それに、正月・GW・お盆と、1週間程度の休みはあるし有休も取りやすいけど、安くて空いている時期に旅行に出たり、日中習い事したり、仕事してたらなかなかできないこともあるよね。
ってなると、やっぱりリタイア大正解みたいな(私にとってはね)
同僚みたいにすっごい協力的な旦那さんがいたとしたら、きっと辞めるなんて考えなかっただろうな~って思ったら、リタイアしようと思わせてくれた非協力的な旦那に、感謝したいと思います。